少量品のガイドパイプ | 松田鉄工株式会社

NEWS_SINGLE

少量品のガイドパイプ

生産数量が少なくて、種類の多いガイドパイプの製作に当たり、共通部分を切削加工で対応して、ここに形状の異なる三次元パイプの曲げ加工が施されたパイプをロー付けでつなぐという工夫で対応しています。 機械加工からパイプの端末加工、三次元曲げ加工、ロー付け加工まで社内で一貫して対応できるので比較的効率よく完成品にしていけます。
表面処理は、三価の亜鉛メッキですが、合金メッキ、無電解ニッケルメッキ、
カチオン塗装にも対応できます。