会社概要 | 松田鉄工株式会社

会社概要

理 念 Philosophy

心得
Mental attitude

社会全体の流れ、そしてまた技術の高度化、複雑化に対応し、
社員ひとりひとりが「働く人」として成長していこうという思いで仕事に取り組む。
We tackle work with the thought which grows up as professional who correspond to change of society and
any technical advancement .   

経営目標
Target of management

社員、地域の人々、取巻く関係する企業にとって存在感のある会社を目指す
We aim at becoming a company which is worthy for the people related to our company.

方 針 Policy

経営方針
Management policy

これまで培ってきた自動車部品製造、一般部品製造と今チャレンジしている通販事業及び次世代の乗り物つくり事業の四本柱を自分たちの知恵と力で成長させ、海外にも目を向けたストレスに強い自立した企業を目指す。
We are growing up four fields shown below by our wisdom and efforts.
And we make it the company which can play an active part not only in Japan but in overseas.
(1) Part manufacture for cars
(2) Part manufacture for general equipments such as construction machinery ,agricultural machines  etc.
(3) Internet shopping site business
(4) Next-generation vehicle manufacture activities

教育方針
Educational concept

環境の変化をビジネスチャンスとして、前向きに考え、行動していける人材の育成を目指す。
We aim at training of the talented people who can understand an environmental change as a business opportunity.

品質方針
Quality policy

「シンプルで明るい職場の中で一人一人の確かな仕事の積み重ねを通し、
お客様に満足していただける品質の結晶を行う。」
We do the work trusted in a beautiful bright workplace and we make the product  which  gets a customer’s satisfaction.

環境方針
Environmental policy

我々は、恵み豊かな地域の自然環境を守り、
資源・エネルギーを大切にする地球にやさしい会社を目指します。
We keep the rich natural environment of the area , and aim at the environment-friendly company which values natural resources and energy.

1.省資源、省エネの推進・廃棄物の削減など、環境の保全向上に努めるとともに、環境に配慮した製品の提供ならびに工程の設計・運用に努める。
1. We tackle promotion of saving resources and energy saving.  We strive for environment’s improvement such as reduction of wastes, etc. Furthermore, we do our best in making the product which considered environment and we strive for the design of the process which considered environment. . .

2.継続的な環境改善を展開することと汚染の予防に努める。
2. We strive for developing a continuous environmental improvement and pollution prevention.
3.関連する環境の法律・規制他の公的な約束の遵守はもとより、  環境に影響を与えるおそれのある事業活動を責任もって管理する。
3. We follow certainly rules related to our company, such as an environmental law and regulation. Moreover, we manage also as responsibility activity with a possibility of having a bad influence on environment.

4.環境目的及び環境目標を設定し、活動計画を立案、推進すると共に、活動実績により見直しを実施する。
4. We set up the environmental purpose and an environmental target, and draw up an activity plan. And carrying out the plan certainly and looking at the result, if we have an error, we will correct.

5.本方針は、環境マネジメントシステムにより実施し、維持するとともに、文書化され全従業員に周知徹底する。
5. This plan is documented and is made fully understood among all the employees. And this plan is carried out according to the rule of an environmental management system, and we are maintaining it.

6.本方針は、社内報、パンフレット、インターネットを利用して一般の人にも開示する。
6. We release this plan to general persons using an in-house newsletter, a pamphlet, or the Internet.




       ★★★★ 松田鉄工株式会社行動計画 第4回 ★★★★

社員の働き方を見直し、女性社員が継続雇用できるよう、また社員がもっと子育てに関われるよう、以下のような対策を行う。

1.計画期間      2016年7月1日~2019年6月30日までの3年間

2.内容

 【子育てを行う労働者等の職業生活と両立を支援するための雇用環境の整備】

   目標1 : 工場内に小学校卒業までの子の居場所作りの継続実施
    <対策>平成28年7月~   労働者の具体的なニーズを調査
        平成28年7月5日~  検討開始
        平成28年7月20日~ 制度継続を社員に周知する

   目標2 : 子の看護休暇を有給休暇とは別に1時間単位での取得可能、
         有給扱いとする
    <対策>平成28年7月~   労働者の具体的なニーズを調査, 制度の検討開始
         平成29年1月~   制度について社員に周知する    
   
 【働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備】

   目標3 : 自分に合った働き方で就業可能
       (フレックス社員制度、延長勤務(75歳まで延長可能、
        フレックス社員制度併用可))
    <対策>平成28年7月~   労働者の具体的なニーズを調査
        平成28年7月5日~  検討開始
        平成28年7月20日~ 制度について社員に周知

松田鉄工株式会社 概要

住所     〒739-0264 東広島市志和町七条椛坂1700
TEL:082-433-4544     FAX:082-433-2628
Address :   1700 Shichijyou-kabusaka Shiwa-cho Higashihiroshima-city Hiroshima-pref Japan 739-0264

設立     昭和32年3月
Establishment : March/1957資本金    1200万円
Capital :12 million yen

代表者    代表取締役・松田洋一
Chief executive : Yoichi Matsuda

社員数    43名
Number of employees :43persons

業種     輸送用機械器具製造業
Type of industry:The machine instrument manufacturing industry for transportation

事業内容   自動車部品の製造
Contents of active conduct of business :Manufacture of the goods for cars

所属団体   東友会協同組合
Cooperative : toyukai-kyoudoukumiai

ISO認証関係
ISO authorization
環境 ISO14001 ICL C36190  品質 ISO9001 ICL C36189

顧客先認定関係
Quarity authorization from a customer
マツダ株式会社優良認定
Mazda Corp.

沿革

1952年(昭和27年)01月  広島市青崎一丁目に個人企業として創設
Our company began work at 1choume Aosahi Hiroshima-city.
1957年(昭和32年)03月   事業発展のため法人組織に変更
We changed the organization of the company into incorporated company.
1964年(昭和39年)09月   工場拡張のため安芸郡瀬野川町に工場移転
We relocated the factory to Senogawa-cho Aki-gunn, in order to enlarge a company.
1971年(昭和46年)06月   資本金800万円に増資
We increased the capital to 8 million yen.
1980年(昭和55年)      塗装・組立工場を同地増築
We built the plant for paint and assembly in same place.
1985年(昭和60年)02月   志和第1工場操業開始
The first Shiwa factory was began to operate. 
1986年(昭和61年)03月   志和第2工場操業開始
The second Shiwa factory was began to operate.
1989年(平成01年)04月  志和第3工場操業開始   瀬野工場の志和への全面移転完了
The third Shiwa factory was began to operate.
The relocation to the shiwa factory of the Seno factory is completed.
1989年(平成01年)07月   資本金1200万円に増資
We increased the capital to 12 million yen.
1990年(平成02年)12月   志和第4工場操業開始
The fourth Shiwa factory was began to operate.
1994年(平成06年)12月   志和第4工場操業中止
The fourth Shiwa factory idlings
1995年(平成07年)05月  マツダ(株)品質保証認定会社
Our company acquired the quality authorization of Mazda.
1999年(平成11年)05月   マツダ(株)品質優良認定会社
Our company acquired the superior quality authorization of Mazda.
2001年(平成13年)03月   ISO9002取得
ISO9002 management system certificate
2001年(平成13年)10月   QS9000取得
QS9000 manegement system cetificate
2001年(平成14年)12月   ISO14001取得
ISO14001 management system certificate
2003年(平成15年)11月   ISO9001:2000版移行
ISO9001/2000  management system certificate
2005年(平成17年)10月   チームマイナス6%運動参加
We participated in team minus 6% movement.
2006年(平成18年)11月   ISO/TS 16949取得
ISO/TS16949  management system certificate
2008年(平成20年)04月  本社機能を志和工場に集約
We transfer a head office function to a Shiwa factory.
2009年(平成21年)03月  インターネットショップ『RAC-S UP ラックスアップ』オープン
Internet shopping site 『RAC-S UP』 Open
2010年(平成22年)11月  経営革新計画承認
We received recognition of a management innovation plan at Hiroshima Prefecture.
2012年(平成24年)11月  東広島市ものづくり逸品認定『ドッグスポーツ;アジリティーハードル練習用』
2016年(平成24年)11月  東広島市ものづくり逸品認定『犬の歩行補助具;犬用車いす』

主要取引先

マツダ株式会社
デルタ工業株式会社
旭商事株式会社
菱光産業株式会社
井澤金属株式会社
クリヤマ株式会社
株式会社テクノアソシエ
日本トムソン株式会社
日発販売株式会社
株式会社ニイテック
山口工業株式会社(マルヤス工業)
株式会社久保田鉄工所
住野工業株式会社
シグマ株式会社
株式会社サン・テクトロ
東プレ九州株式会社


順不同

福利厚生

1.社宅…家族用4戸、独身用4戸
Company residence ・・・・4 house for families 、4 house for single

2.アパート助成金 月1万円
Apartment rent assistance: 10,000 yen of every month

持家助成金 月1万円
House owner assistance: 10,000yen of every month

3.社員駐車場完備
Employee parking lot

4.親睦会 慰安旅行等
Club for an employee’s friendship,  The travel for promoting an employee’s friendship,etc.

採用情報

当社に興味を持たれた方は、以下を参照してください。

職種
●技能職
機械加工、塑性加工、溶接、組立、検査

●事務職

●技術職
・製造技術スタッフ……プログラム開発、試作品製作など
・治具スタッフ……内製する治型具、検査具の開発・製作など
・リリーフマン(セットマン)…・・・工場内生産進捗、物流業務など
・改善スタッフ……環境、安全、品質、生産性などの向上活動など
・保全スタッフ……設備、装置の保全業務など
・生産技術スタッフ……工程設計、製品設備等の量産準備業務など
・品質保証スタッフ……システム管理、プロセス管理、製品管理など
・営業購買スタッフ……顧客および協力企業管理など
・生産管理スタッフ……生産計画業務など

●管理職候補
・サポーター候補……グループ内のメンバーのサポートなど
・マネージャー候補……グループ内のPDCA
・幹部候補

働きやすい職場環境造り
●成果主義を見直し、ポテンシャル、信頼感、人柄、存在感などトータルな公平な評価の実施
希望者への評価結果の公開
●社員一人一人の発想・知恵が存分に発揮できる職場造り
自己啓発、自己成長への通信教育制度運用
●個々の存在感が確かに確認できる職場作り
コミュニケーションシートの運用
●社会貢献が実感できる職場作り
チームマイナス6%への参加、ポジティブプログラムへの取り組み開始

応募要項

工場見学…事前予約で随時受付
・応募…履歴書持参
・新卒の場合は新卒者応募要綱参照
・面接及び適性試験  7